「蜜蜂と遠雷」読了

 

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

 

 突如私を沼に突き落とした自担こと岸優太が最近読んだとの情報を得たので、読むことにしました。

 

 

これでも中学生までは本の虫だったんです。高校入ってから数は減って行き、大学時代はほぼほぼ読んでおりません。

 

10年ぶりのガチ読書。

しかも帯にこんなこと書いてあったら期待しかない。

 

 

f:id:shsy_3:20170523215542j:image

 

 

普段はこんな帯があったら絶対に手に取らないけど、何かの衝動に駆られて思わず手に取りました。

 

 

 

さて、本題へ。

ネタバレになってしまうので感想のみ記載します。

あらすじはこんな感じ。

 

 

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。
養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。
彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。
第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

 

 

何日かに分けて読もうかなーと思ったものの、気づいたら1日で読み終わってました。

読みながら気付いてたし、読み終わってから改めて思ったのはこの本は「毒」であり「麻薬」だ。ってことでした。

 

 

まず表紙を開いて書いてある文字に驚きました。

 

推薦状

  皆さんに、カザマ・ジンをお贈りする。文字通り、彼は『ギフト』である。恐らくは、天から我々への。だが、勘違いしてはいけない。試されているのは彼ではなく、私であり、審査員の皆さんなのだ。

  彼を『体験』すればお分かりになるだろうが、彼は決して甘い恩寵などではない。彼は劇薬なのだ。中には彼を嫌悪し、憎悪し、拒絶するものもいるだろう。しかし、それもまた彼の真実であり、彼を『体験』する者の中にある真実なのだ。

  彼を本物の『ギフト』とするか、それとも『災厄』にしてしまうのかは、皆さん、いや、我々にかかっている。

           ユウジ・フォン=ホフマン

 

 

読んで思ったのはこの表紙に書かれているこの文章こそ作者が入れた「麻薬」であり、カザマ・ジン(以下、風間塵と記載)の存在が読者や物語の中の審査員、コンクールの参加者全てにおいて「劇薬」であり「毒」なのかなと思います。

 

 

物語はコンクールのオーディションから本選までを描いていますが、章が進むごとにもっと読みたい、早く先に進みたいという気持ちにさせられます。それくらい、演奏の描写が丁寧で、綺麗で、反芻できるようなものでした。

この「もっと」という感情が麻薬かなと私は思います。

 

そしてこの物語の中の「毒」は風間塵の存在なのかな?と月並みながら思います。

 

この物語にはたくさんの天才と呼ばれる人間、それを評価する人間、そして、その人々を取り巻く人間がたくさん出て来ます。

その人たちの情熱に火をつけて、また評価する人間が真っ二つに分かれ、でも「また聞きたい、また聴かせてほしい」と思う人間が増え、さらに天才を取り巻く人々が天才たちの変化に気付く…その様相が「麻薬」に取り憑かれた人たちで、その「麻薬」であり「毒」となるのが風間塵、その人だ。

それをきっと、ホフマンは見越してたんだろうなと。もとい、作者も見越してたのかもしれない。

 

 

いい本には依存性があります。

また読みたい。そんな役に駆られます。

久しぶりに読書して、そんな感情にさせられました。

 

登場人物について細かく書きたいですが、それ以上になんと言っていいのかわからないような感情になってます。

むしろ言葉にすると「そんなこと知ってるわ」とあしらわれてしまう気がします。

 

 

 

とりあえず言いたいことはひとつです。

 

 

 

 

迷わず読めよ、読めばわかるさ!(CV.アントニオ猪木)

 

 

 

それではノシ

ジャニーズJr祭に行ってきました part2

書いてなかった上に記憶がとても消えてるので(最近忙しかった)

覚えてる範囲で感想書きます。

 

 

まず初めてのデジタルチケット。

なんかうん、バーコードリーダーっぽかったね。

オーラスの時はすごくスムーズでした。

 

前日は入ってませんが、ヲタ卒気味*1の友人から「大丈夫ー???」と連絡が来て大荒れなのを知ったのでとても心配したけどそんなの問題なかったみたいです。

 

 

本編は結構変わらずだったのかな???

400レベル最前でペンライト持ちながら野鳥の会してましたけど楽しかったです。

複数回岸くんに殺されかけました(安定)

 

しかし、これで終わらず。

Jr紹介のところでSHOCK御一行登場。

 

松田元太(17)*2がアップになったところで死にました。

 

松松が色気というかフェロモンというか何かわからないものを出しまくって死にかけたけど寺西先輩見て元に戻りました。ありがとうテラ。

 

 

 

とりあえず言えるのは、SHOCK御一行(+前にSHOCK出てた岸くんとモロ)とトラジャのダンスレベル高すぎるからこのメンツでクリエやってくれ。需要はあるぞ。

 

 

ついでに言うと、400レベル最前って結構高いし怖かったし、この表示あったけど。

 

f:id:shsy_3:20170425163605j:image

 

 

 

まっっっっっっったく無視されてたよね!!!!!!!

その辺に関してのアナウンスとかも全くないし、柵の前にうちわ出すヲタクいて*3見えなかったしで、無法地帯だなぁと思いました。

 

 

事前アナウンスって大事だね(切実)

 

 

 

そんな感じの久々の現場復帰でした。

しばらく現場ないけど。あ、エイタメどーしよ。

 

 

ではではノシ

 

 

 

f:id:shsy_3:20170425163922j:image

*1:別の沼にズブズブしています

*2:2017年4月9日時点での年齢

*3:隣のギャルっぽいヲタクがそんな感じでした。

唐突にnote始めました

深夜テンションって怖いですね。

不定期にしかはてなも書いてないですが、たまたま見つけたジャニヲタ様のnoteが面白くて始めてしまいました。

 

いや、そんなに閲覧する人いないと思うけどさ。うん。

という卑屈な思いを持ちながらも書いていきたいと思います。

よろしくお願い致します。

 

note.mu

 

 

 

Tumblrの話はまた今度します。

 

ではではノシ

健康とストレス発散のために唐突にNTCを始めた話

 

 

ことの発端は些細なものでした。

職場の人たちとスポーツすることになりました。*1

さすがに仕事終わりに行くので体育館を借りたりするわけなのですが、困ったことに実家を離れているため屋内履きが手元にない。

 

 

 

元々、金銭と時間に余裕ができたらジムにでも通おうかなと考えていた*2ので、それも兼ねてこれを機にトレーニングシューズとか買おうかなーと思い、私の足の形*3に合う3大スポーツメーカー*4の1つであるNikeのホームページを見ていました。

 

 

トレーニングシューズとかランニングシューズ見てるのに気付いたらバスケットシューズ見てた元バスケ部はこちらです。目移りは通常営業です。

 

 

製品ページをうろうろしてた時に気になるものを見つけてしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shsy_3:20170329001451p:image

 

 

 

 

 

Nike+ Training Club ???

※調べたところiPhone専用みたいです。切ない。

 

 

 

興味本位でアプリをダウンロードしてみました。

まず、使う前にアカウント登録をしないといけないらしいのですが、Facebookアカウントがある方はアカウントと連動して登録できるみたいです。私はFacebookアカウントで登録しました。

 

 

そこから色々と設定をしていくのですが、ワークアウト開始日の設定のところが「いつやるの?今でしょ!」ばりに煽り文が書かれているのでご注意下さい。私はまんまと煽られました。

 

 

トレーニングプランの設定もできます。運動の頻度も聞かれるので私は1番少ない0〜1日/週で設定しました。

しかもアプリ側でスケジュールを組んでくれます。こんな感じになります。

 

 

 

 

f:id:shsy_3:20170329002519p:image

 

リカバリーと書いてあるのは休息日ということですが、軽くストレッチなんぞやることを進めてきます。

私は普段から立ち仕事なのでその段階ですでに軽い運動…え、違うって???そんなまさか。

 

 

 

 

ちなみにワークアウトも初級から上級まで選べ、器具を使うのか使わないのかも選べます。

我が家は狭いので、器具を使わないに設定してあります。

 

ちなみにApple Watchをお持ちの方は連携できるそうなので便利だと思います。

そしてまんまとApple Watchが欲しくなる病気にかかりました。(ちょろいタイプの人間)

 

 

まだまだ使い始めなので、もう少し使い込んでどんなことができるのかも検証していこうと思います。

 

 

 

ちなみに同じシリーズでランニングアプリもあるみたいです。興味のある方は是非。

 

 

 

 

 

本来の目的の室内履きとスポーツウェアはいつか買います(はよ買え)

 

 

 

 

 

 

それではノシ

 

 

*1:すでに2回ほど開催された模様。只今皆勤賞です。

*2:ただし考え始めて2年近く経った模様。

*3:中学時代、靴屋の店員さんにアメリカ人みたいな足の形と言われましたがアメリカ人の足ってどんなよ。

*4:Nikeasicsadidas

ジャニーズJr祭に行ってきました

※レポではありません。感想文です。

 

 

はい、岸担初現場行ってまいりました。

ヲタクに出戻って困ったペンラ問題も結局なんとかなったので、とりあえず一安心です。

 

 

結論から言うと、もう、めちゃくちゃ楽しかったです。

ドルヲタの特殊能力*1って凄いもんですね。久しぶりの現場でも振り付けとか対応できちゃう自分がいました。

テンション上がってる岸くんが見れたのも嬉しかったです。Princeのわちゃわちゃも見れたし。

 

 

 

ただ、今回珍しく現場ロスにならなかったわけでして。

なんでかなって思った時に、なんとなく物足りない感じがしました。

エンターテイメント性としては素晴らしいとは思うけど個々の能力とかを考えるともう少し発揮できたんじゃねぇかな???と思ってしまいました。

 

 

 

それを考えるとプレゾン厨が歓喜する情熱の一夜とかWhat's your name?とかぶち込んできてなおかつ仲田拡輝が退所+七五三掛くんが舞台期間で不在っていう逆境ど真ん中なのにレベルの高さ発揮してくるトラジャちゃんたちとかは本当にすごいと思いました。

でもやっぱり岸くんすげぇなって思ったのはあんだけでかい会場でも声がぶれずに出てるって事実です。口パクor被せかもしれないけど、確実にFTG*2の冒頭のパートは生歌だったし、マイク通してもかなり安定してたなーと。

 

 

ちなみにアンコールでふっかさんと岸くんがいちゃいちゃしてるのを完全保護者目線で見てました。面白かったです。

 

 

 

余談ですが、軽率にSSA*3追加公演申し込んでみました。

さらに余談ですが、太鼓ペンライト買いましたが結局キンブレしか使いませんでした。

 

 

 

f:id:shsy_3:20170328235747j:image

 

 

相変わらずまとまりのない文章で申し訳ないです。

それではノシ 

*1:雰囲気で振りが出来る。ちょいちょい間違えるのは目を瞑ってください。

*2:FOR THE GLORY

*3:さいたまスーパーアリーナ

ジャニヲタに帰ってきたドルヲタがハニバタを見て感じたこと

※レポではありません。

ステマでもありません。

※衝動に任せて書いてます。何言ってるかわからなくても許してください。

 

 

 

2015年1月、PLAY ZONEが幕を下ろしました。

その年の9月、元担が退所しました。

そのちょっと前から私用(という名の国家試験)に追われてヲタ卒していたのですが、この度なんの前触れもなく(ここ重要)ジャニヲタに戻りました。

 

んで、戻った先が何故かヲタクやってた時代にノーマークだった岸優太くんのため、完全に視認していた現場が2013のSHOCKしかない状態でした。

まあ、そのあとYouTube漁ったりとかしたよね。この辺の話はまた今度しますね。あはは。

 

 

そんな私は、サマパラ2016に映り込んでいるとの情報を入手しました。

 

 

 

買うしかないやろ(真顔)

 

 

 

ってことで購入しました。

結果としては#Honey♡Butterfly(以下ハニバタ)しか見てない上に多幸感満載すぎてキンブレを振りたくなったことをお知らせします。

 

 

 

 

 

 

 

アイドリンガーとしてはポニキャンってだけでテンションが上がるんだけどね!

 

 

とりあえず思ったことをつらつらと書きます。

箇条書きにしようとしたけど、無理だわ(白目)

 

 

 

 

まずオープニングから多幸感。

なにあれ!めちゃくちゃ楽しそうじゃん!

みんな笑顔じゃん!いいじゃん!

 

そこからテレポーテーションに切り替わると曲調も全く違うからなのかもしれないけど、バッグ陣、色気ダダ漏れ

完全に殺しにかかってると思います。異論は認めます。

 

 

バッグの子達も何人かはジャニヲタやってた頃に見てた子*1がちょこちょこいたので大きくなったねぇという完全に親戚のおばさん目線で見てしまいました。

 

 

テレポとパリドンで殺されかけ、からのサマハニでめちゃくちゃ楽しそうじゃないか!!!(2回目)

この楽しそうと殺されそうのループを永遠に繰り返されるこの感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

なにこれ超楽しい\( 'ω')/

 

 

って感じになります。

私はそうなりました。(知るか)

 

 

自担が出てるからっていうのプラスにしてもここまで何回見返しても飛ばすポイントが見つからないDVDは少ないかなーと思ってます。

多分、ラブホリ先輩ことSexy Zone中島健人潜在的なアイドル力を存分に発揮して作り上げたからなんだと思います。

 

 

甘い言葉はちょっと供給過剰感あるけどそこを除いてもジャニヲタを離れてた期間があった私にはすごく楽しかったし、なんなら元アイドリンガー的に見ると、私的アイドリング黄金期*2を見てる気分になりました。

 

 

 

初めから終わりまで外すことなしの多幸感に包まれてるハニバタを見た人たちはとても幸せだったんだろなーと思いました。

 

 

あと、ハニバタバックの子達には報われてほしい(切実)

岸くんは確かに推されだけど、みんな推されても大丈夫じゃね???って思うくらいスキルはあると思うので、もっと活躍の場が増えてほしいなぁ。

 

 

 

 

 

久しぶりに楽しいコンサートDVDを見ました。

これからも見続けて楽しいハニバタ廃人になろうかなと思ってます(やめとけ)

 

 

 

 

 

乱文失礼しました。

それではノシ

*1:ヲタクしてた頃から松松がいたことは把握してたけど初めて顔を認識できましたごめんなさい

*2:アルバム的にはsisterあたり

衝動に任せ続けて早10年

お題「ブログをはじめたきっかけ」

 

 

ブログを始めたのは中学3年の頭とかだったと思います。

小学校の頃の友人がやっていて楽しそうだったのでというすごく軽い理由で始めました。

 

※この頃、プロフというものが流行ってましたがアウトオブ眼中でした

 

高校生になる頃に閉鎖しましたが、その後空前のmixiブームでなぜかアメブロを再び始めるという謎の行動に出ました。

その後、作っては消しを繰り返し、いろんなブログサイトを試しました。

アメブロヤプログ、ジュゲム、エムブロ、CROOZ、そしてはてな

 

 

はてなに落ち着いたのはこのブログを始めた頃です。

たまーに長文を書きたくなる衝動に駆られるので、そのために使ってました。

 

 

 

 

 

だから更新がまちまちだなんて口が裂けても言えないね!!!もう言ってるけどね!!!

 

 

 

 

ちなみに、ここに移る前にアメブロで書いてましたが、動作が重いのと広告が邪魔で辞めました。

 

 

 

 

そんな感じで、今後も気分に任せて乱文長文を書いていこうと思います。

よろしくお願いします。

 

ではではノシ