「蜜蜂と遠雷」読了

 

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

 

 突如私を沼に突き落とした自担こと岸優太が最近読んだとの情報を得たので、読むことにしました。

 

 

これでも中学生までは本の虫だったんです。高校入ってから数は減って行き、大学時代はほぼほぼ読んでおりません。

 

10年ぶりのガチ読書。

しかも帯にこんなこと書いてあったら期待しかない。

 

 

f:id:shsy_3:20170523215542j:image

 

 

普段はこんな帯があったら絶対に手に取らないけど、何かの衝動に駆られて思わず手に取りました。

 

 

 

さて、本題へ。

ネタバレになってしまうので感想のみ記載します。

あらすじはこんな感じ。

 

 

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。
養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。
彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。
第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

 

 

何日かに分けて読もうかなーと思ったものの、気づいたら1日で読み終わってました。

読みながら気付いてたし、読み終わってから改めて思ったのはこの本は「毒」であり「麻薬」だ。ってことでした。

 

 

まず表紙を開いて書いてある文字に驚きました。

 

推薦状

  皆さんに、カザマ・ジンをお贈りする。文字通り、彼は『ギフト』である。恐らくは、天から我々への。だが、勘違いしてはいけない。試されているのは彼ではなく、私であり、審査員の皆さんなのだ。

  彼を『体験』すればお分かりになるだろうが、彼は決して甘い恩寵などではない。彼は劇薬なのだ。中には彼を嫌悪し、憎悪し、拒絶するものもいるだろう。しかし、それもまた彼の真実であり、彼を『体験』する者の中にある真実なのだ。

  彼を本物の『ギフト』とするか、それとも『災厄』にしてしまうのかは、皆さん、いや、我々にかかっている。

           ユウジ・フォン=ホフマン

 

 

読んで思ったのはこの表紙に書かれているこの文章こそ作者が入れた「麻薬」であり、カザマ・ジン(以下、風間塵と記載)の存在が読者や物語の中の審査員、コンクールの参加者全てにおいて「劇薬」であり「毒」なのかなと思います。

 

 

物語はコンクールのオーディションから本選までを描いていますが、章が進むごとにもっと読みたい、早く先に進みたいという気持ちにさせられます。それくらい、演奏の描写が丁寧で、綺麗で、反芻できるようなものでした。

この「もっと」という感情が麻薬かなと私は思います。

 

そしてこの物語の中の「毒」は風間塵の存在なのかな?と月並みながら思います。

 

この物語にはたくさんの天才と呼ばれる人間、それを評価する人間、そして、その人々を取り巻く人間がたくさん出て来ます。

その人たちの情熱に火をつけて、また評価する人間が真っ二つに分かれ、でも「また聞きたい、また聴かせてほしい」と思う人間が増え、さらに天才を取り巻く人々が天才たちの変化に気付く…その様相が「麻薬」に取り憑かれた人たちで、その「麻薬」であり「毒」となるのが風間塵、その人だ。

それをきっと、ホフマンは見越してたんだろうなと。もとい、作者も見越してたのかもしれない。

 

 

いい本には依存性があります。

また読みたい。そんな役に駆られます。

久しぶりに読書して、そんな感情にさせられました。

 

登場人物について細かく書きたいですが、それ以上になんと言っていいのかわからないような感情になってます。

むしろ言葉にすると「そんなこと知ってるわ」とあしらわれてしまう気がします。

 

 

 

とりあえず言いたいことはひとつです。

 

 

 

 

迷わず読めよ、読めばわかるさ!(CV.アントニオ猪木)

 

 

 

それではノシ